LibreOffice入門 : Writer の文字を96pxよりも大きくすると段組み

LibreOffice文字大きく

LibreOffice WriterでA4用紙を埋めるぐらい大きな文字がほしいときありますよね。壁に貼る案内とか。デカ文字を作る方法です。
96pxを超える大きな文字です。

LibreOfficeの入手先:

スポンサーリンク

フォントサイズ選択では96pxまで

96pxが最大
スポンサーリンク

96px以上にしたいときは、直接入れます

直接入力

赤矢印のところに、直接数値を入れます。
例えば「200」

200px

すきな数値を入れることできます。

300px

これは「330px」です。用紙サイズいっぱいにしました。

マイクロソフトのオフィス Wordでも、使い方同じです

入力欄をクリックすれば、72を超える数値入れることできます。

Google ドキュメントも操作同じです

Google ドキュメントの文字サイズ

段組の仕方

段組とは、マイクロソフトWord,LibreOfficeのWriterなどで2列以上に分け、文字・図などを配置することです。

2段組

ツールバー書式>>段組みを選択クリック

2段組

赤矢印先の2段組アイコンをクリックします。

何段組メニュー

横幅の比率も自由に変えられるようです。

試しに3段組にしました

3段組み

カーソルの移動方法

このままでは、隣の段に移動するためには最初の段文字で埋めきらないと、次の段にゆきません。

途中で、段替えたいときもあります。その方法は

改段記号を入れる

ツールバー「挿入」>>「その他の区切り」>>「改段の挿入」と選択クリックします。

または、ショートカットキー(忘れなければ、こちらのほうが簡単です)

CTRL+Shift+Enter

行の間隔を広げる

行間隔

ツールバー「書式」>>「間隔」>>「行間1.5」と選択クリックします。

上のGIFのように広がります。

行間隔

コメント

タイトルとURLをコピーしました