無料CADで幾何学模様を描き遊ぶ

幾何学模様

無料CADの使い方を覚えるのも兼ねて、簡単な図形を自動で描きそれを反転・回転などを利用して幾何学模様を作りたいと思います。自動化はAutoHotkey,Pythonなどを使いたいと思います。

無料CADは、こちらに紹介してます:

LibreCADとAutoHotkey  円を使って

Libre_AutoHot_1

動画で説明:

円のサイズを少しずつ小さくしながら円を描いています。
最後はLibreCADの反転を使っています。

RootPro CAD と AutoHotkey  小さな四角の連続

四角RootCAD

動画説明:

小さな四角を斜めに連続配置し、RootProCADの回転配列を使い360度回してます。

	send, !D
	send, P    ;// 長方形選択
	send, R   ;

上記のコードは、RootProCADで「長方形」コマンドを選択するものです。

    Loop, %Count%
    {
    send, %Size%, %Size%
    send, {Enter}
    sleep, 50
	Size := Size + bksize
    send, %Size%, %Size% ;;XY座標
    send, {Enter}
    }

正方形を斜めに連続配置

コメント

タイトルとURLをコピーしました