LibreCAD : ツールコマンド「直線・円・変更修正」の使い方

直線・円コマンド

LibreCADは、オープンソースの無料CADです。Mac,Windows, Linuxで動かすことができます。
ただし、大きなデータ図面は動きが遅くなります。dwg(Autocadデータ)読み込むけど使い物になりませんでした。

修正変更

ダウンロード先: Home of LibreCAD, 2D-CAD

LibreCADの別記事:

ツールバーの表示・移動の簡単な動画

今回は、ツールバーの「CADツール選択」(直線)の使い方

CAD選択Line

「CADツール選択」の中の「Line」

線分(直線、連続直線)

線分、直線描く
直線描き方

左クリックで確定、右クリックは終了

連続線

右クリックするまで、連続で描けます。

角度指定線 (角度付きの直線を描く)

角度付き直線

直線の長さと角度は、固定されています。
変えるのは下図

角度付き直線

赤枠内の数値変え、角度と長さを変えます。

水平寸法 (基準点:左、センター、右)

長さ100で左が始点です。

水平線100

長さ100で真ん中が基準

真ん中基準

長さ100で、右側が基準

水平右基準

垂直線 (上、真ん中、下)

垂直線

長さ及び基準点変更のアイコン

寸法・基準点変更

左が長さの寸法数値、右でどこを基準にスナップするかの選択です。

垂直線

矩形(長方形など)

長方形

すきな2点をマウスでクリックすれば長方形になります。

長方形2

数値入力で、長方形作成

矩形を選び、スペースバーを押します。

数値入力

スペースバーを押すと赤矢印の先のカーソル点滅します。

XY座標入力

X,Y 入れる。

2番目のXYを入れます。

原点からの座標 X,Y

または、相対座標 @X,Y

指定線との平行線 (間隔は点を指定する)

平行線

通過点をクリックするとそこに、平行線を描きます。

点を通過する平行線
複数の平行線

複数の平行線を描くときは、数値を2以上に

平行線 (間隔距離=寸法で平行線を描く)

平行線

画像のようにアイコンクリックし、平行線描きます。

平行線の間隔は画像矢印のところに、入力します。

平行線間隔

平行線を描きたい線にマウス近づければ、平行線がでてきます。

GIF平行線

数値に2以上入れると、複数描きます。

平行線を複数

角の2等分線 (角の真中に線を引く)

角の2等分
角を2等分

一本目の線はクリックして選択、2本目はマウス近くに持ってゆくだけです。

多角形の描き方(動画)

「CADツール選択」(円)の使い方

円コマンド

円周上の2点と半径

2点と半径

(1)まず、半径を指定します。

半径入力

ツールバーの位置は、それぞれ違う可能性があります。
2点の間隔と半径が適切でないと作図しません。

(2)2点を指定します。2つの円が候補に上がります。

2点と半径

「CADツール選択」(修正変更)の使い方

反転 

動画で簡単説明:

コメント

タイトルとURLをコピーしました