FreeCAD : 簡単な3Dを作って学ぶ

FreeCAD入門

FreeCADとはオープンソースで開発されている3D CAD である。(無料)
機械工学系が得意みたいです。Windowsだけでなく、Mac,Linuxでも使用可能です。たまに変なことすると落ちるのでBackupが大事です。

ダウンロード先:

拘束アイコンの詳細な使い方:

対称パーツを作る方法:

FreeCADマクロで何ができるのか:

New動画:

広告

円がカクカクになるときは

「Part Design」で「Sketch」が終わり、厚みをつけるとき

「編集」>「設定」>「パートデザイン」>「シェイプビュー」小さくする

広告

円柱の斜め切断・角を斜め切断 データムを使う

斜めCut

(1)Part Designで円柱を作ります

丸棒

(2)データムで点を作成(一番左)

(3)データムで平面作成(モデルで点選択すると楽)

平面作成そしてCut

(4)Partにして、「切断」を選択。いらない部分ダブルクリックし削除でOK

(5)データム平面のオプションで向きかえられる

平面向き変更

動画で説明:

ShapeBinder (シェイプバインダー)とは、何?

Aボディを参照しながら、Bボディを作るには直接参照できないのでShapeBinder(コピー??)を作り、それを参照します。参照してるものを変形すると同じように自動で変形します。

Point) ShapeBinderのみ表示すること、Aボディは非表示に

point2) ボディを新しくく作り、アイコンを押す

段付き直方体

段付き直方体

切り欠きのある直方体を作ります。

スケッチで段を描く

四角形を2つ描き、必要ないところをトリムで消す。

(1)スケッチ上に長方形作成(水色)
長方形+消去

トリムで段付きに

(2)いらない部分削除(緑矢印) クリックした線を消してくれます。

消去

説明動画:

立体の横幅を変更する

後で、修正したくなったときのサイズ変更方法です。

横幅変更

作った部品名がわからないとだめです、少ないのでOK。
右クリックするとメニューが出てきます。「パッドを編集」で変更画面になります。

サイズ再変更

BOXの幅変える 動画

すきな面に穴追加

(1)穴を開けたい面を選ぶ

スケッチ面選択

(2)スケッチアイコンをクリック

sketch icon

(3)円を描きます   平面図になります

円を描く

円を描き終わったら、「閉じる」を押します。

Draw 終了
図形の輪郭から、寸法を拾う
図形の輪郭を拾う

赤矢印先のアイコンをクリックし、次に図形の輪郭線をクリックすると赤く表示されます。

(4)pocket アイコンをクリックします。

ポケットアイコン

メニューの「貫通」を選びます。(完全な貫穴)

貫通
円貫通完了

穴あきました。

2つの円、中心点を揃える パイプ作成

リング

最終的に作るもの

一致拘束をクリック

一致拘束

赤い矢印先の赤丸をクリック

2つの円の中心点を基準にしたい方を先に選びます

2つの円中心点、選択

中心点が一致

中心一致

中心点が同じ場所になります。

スケッチを終了し、「押し出し」で厚みを付けます。

リング
押し出しアイコン

赤矢印先のアイコンが「押し出しです」、クリックすると寸法入力画面がでてきます。

寸法を入力

立方体を2分割する

DraftとPartを使います。
アイコンは画像の赤矢印(2本の稜線または2本のワイヤーから線織面を作成)を使います。

動画で説明:

立方体のすべてのエッジにRをつける

Rをつけるアイコンをクリック(赤矢印)

Rをつけるアイコン

選択した図形のエッジにフィレット(R)をつける。
別にエッジを選択しなくてもいい。Body全てでも

左側にメニューが出てきます。

すべてのエッジにR

(1)の「すべて」を押し、チェックを全てに入れます。
(2)にRの寸法を入れます。
(3)最後に「OK」ボタンを押します。

パイプ面に文字切り抜く

文字は「Draft」の「S」アイコンで作成します。

文字挿入アイコン:

FreeCADで答えの3Dを作成してます

出来上がりは、こんなのです。

データム平面でブーリアンのように加工

円形配列の穴を開ける

コメント

タイトルとURLをコピーしました