FreeCAD : ワークベンチ(Workbench)とは

Workbench

FreeCADとは:オープンソースの3D CAD である。主に機械工学や建築などで利用されている無料ソフト。

本家サイト(英語):

ワークベンチ(Workbench)とは:
ワークベンチとは特定の作業のために特別に編成されたツールのセットです。
赤枠内、25個のワークベンチがあります。

Arch (建築関係の部品を作るようです)

Arch

線を引き、選択パイプアイコンクリックでパイプの絵が描けるようです。

大きさの変え方とかまだわかりません、実験中

Draft(下描き・2D製図) 使い方

Draft とは ; 下絵、下書き、設計図 (立体を作るための元絵)

WorkBench

Draftは3Dを作るための、2D下絵を書くためのツールです。

この図から、3Dにするの大変みたい。

最初から、「part Design」で作ったほうが後で3Dにするの楽みたい。

 

Part Design とは  (3Dパーツの作成)

パラメトリック系CADとは:
パラメータによって形を管理してる(縦・横・高さ・比率)ようです

スクラッチで平面図を描きます

コンポビューがなかったら表示して下さい。

コンポビュー表示

左側の「コンポビュー」がなかったら、右のようにクリックし表示して下さい。

「表示」>「パネル」>「コンポビュー」

スクラッチアイコンをクリックします

スクラッチ

描きたい面座標を選びます

座標軸選択

3つの座標系から、一つ選んで下さい。そして「OK」をクリックして下さい。

スケッチから、立体にするまでの動画です。

選択されたスケッチを押出し

押出し

スケッチ描いたら、赤矢印のアイコンクリックします。押出し

アイコン押したら、好きな寸法入れます。
寸法入力

part     (簡単に3Dを挿入)

簡単に3D挿入

赤枠内の簡単な3Dを挿入します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました