AR_CAD(無料2D CAD) : 初歩的な使い方(動画が主)

AR_CAD 基本操作1

無料で使えるありがたいソフトです。建築関係が得意みたいです。説明サイトは、少ないので自分で迷いながら使うしかありません。趣味のCADには最適だと思います。

AR_CADダウンロード先:

NEW動画:

レイヤーの使い方

AR_CAD 引出文字の使い方

(1)赤矢印のところクリックします

(2)矢印サイズ・種類を選択します

サイズと種類

Gifで説明

(1)斜め線開始点で左クリック
(2)斜め線終了点で左クリック
(3)文字(数値)入れる (Enterキーは押さない ダメ)
(4)数値の位置をクリックで確定

簡単動画で説明

図形の線が薄く見ずらいです。

AR_CAD 寸法の値 位置変更

寸法移動 全部(数値+寸法線)

(1)「要素選択」をクリック

要素選択

(2)寸法線または数値をクリックし、左クリックしたまま移動

寸法移動

動画で説明

AutoHotkeyでAR_CAD簡単作図

AutoHotkeyでツールバーのコマンドをクリックしてます。

作図: ハッチングの使い方+登録

ユーザー設定しても、別の図面で使うことができません。

作図エリアの背景色を変更 動画

黒っぽいほうが目が疲れないようです。

作図エリアの背景色を黒にする

設定 > 画面表示設定とクリックします

「画面表示設定」を開く

矢印の部分の色を自分の好きな色に変えてください

背景色を黒に変更

基本操作 円の動画

図形のプロパティを操作

3角形の内接円を描く 動画

図形の線種・色を変更する方法

線の表示を太くする

動画を取る時線が細いと映らないので、太くするには

太線画面表示表現にチェック入れます。これでONになります。

同心円上と格子状に円を描く 動画

同心円状に円を配置

格子状に円をたくさん(碁盤の目のように)

(1)要素を右クリック、メニューを表示

(2)「変形」>>「移動」と選択します
(3)オプションの数値を入れるメニューが立ち上がります

(4)ここに適当に数値入れてください。

穴(円)を等ピッチで配置

寸法線の記入方法と寸法設定の変更 

メイン設定の変更 (動画見づらい)

動画取るとき、線太くするの忘れたので見ずらいです。

図面ごとの寸法線スタイルの設定方法

作図補助の「グリッド」を表示する

Snap_160904_172059

◎ 矢印のように、一番上の座標系で「データスケール座標」のラジオボタンをONにしないと表示されません

「用紙上座標」は、印刷時の用紙の大きさ。縮尺している場合は「データスケール座標」

包絡処理

包絡処理は、説明読んでもイマイチわかりません。

Helpファイルの包絡処理説明:

>「包絡処理」とは、複数の交差する線の外形を辿った形で線を抜き出すコマンドです。囲む線の形状によって処理結果は大きく違うので、意図しない包絡処が実行された場合は、「アンドゥ」で処理前の状態に戻し、範囲指定をやり直してください。

パラメトリック (変形)

矩形サンプル 長方形を平行四辺形に

(1)長方形を描き、分解

長方形は分解


(2)パラメトリックをクリック


(3)動かしたい線をすべて、連動したい線の一部を範囲選択

パラメトリック範囲選択


(4)「変形範囲確定」

変形範囲確定


(5)変形基点を選んで、動かす

パラメトリック概略

図形の複数移動

図形移動

方法は、2種類あります

上図の「要素選択」「移動」どちらかを使います。移動のほうが私は使いやすいと思います。

「マルチ文字」画面が出てこない時

文字入力フォームが出てこない

私の実験では、文字入力フォームの座標値XYがモニターよりも外れた値がなにかの影響で設定されたものと思われます。

一度アンインストールし、入れ直すのが一番簡単です。

設定ファイルを手動で直すには (標準のインストールのとき)

(1)C:\Users\自分のアカウント名\Documents\SHF\AR_CAD2016\ARCAD_ENV\formpos.iniを開く(2)304行目付近

TB_SubMText_Left=50    X座標
TB_SubMText_Top=791    Y座標
TB_SubMText_Width=369
TB_SubMText_Height=87
TB_SubMText_FloatingWidth=32
TB_SubMText_RollUpState=0

XY座標を表示される値にする。色々試してください。モニターの左上が(0,0)です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました