CADをもっと便利に楽に、AutoHotkeyで工夫

スポンサーリンク

AutoHotkeyを使いCADを半自動操作したいと思います。

AR_CAD自動作図

JWW_CADの座標ファイルを利用し、AutoHotkeyで図形を描く

AR_CADの入手先:

JWW_cadの入手先:

スポンサーリンク

鍋CADでuser toolbar作成

;鍋CAD
Sleep, 800
;マウスのXY取得
;	MouseGetPos, mx, my
	mx := 50
	my := 200
;最初のGUI
    Gui, Font,s11  ;フォントの大きさ
    Gui, +AlwaysOnTop ;always TOP
    Gui, Add, Button,y5 w50 gEndraw , 円(A)
    Gui, Add, Button,y5 w55 gSikaku, 四角(B)
    Gui, Add, Button,y5 w55 gLine, 直線(L)
    Gui, Add, Button,y5 w50 gDelselect, □削除
    Gui, Show, w280 h40 x%mx% y%my%, Google
Return
;---------------------------
GuiClose: 
    ExitApp
;---------------------------
Endraw:  ;円
    SetTitleMatchMode, 1
    WinActivate, Ver9.10
    Send, a
Return

;---------------------------
Sikaku:  ;四角
    SetTitleMatchMode, 1
    WinActivate, Ver9.10
    Send, b
Return
;---------------------------
Line:  ;直線
    SetTitleMatchMode, 1
    WinActivate, Ver9.10
    Send, l
Return
;-----------------------------
Delselect:
	SetTitleMatchMode, 1
	WinActivate, Ver9.10
	ControlClick,TPageControl2,Ver9,,Left,1, x437 y13 ;削除
	ControlClick,TToolBar10,Ver9,,Left,1, x259 y13 ;削除
Return

スポンサーリンク

AR_CAD自動作図 動画

F1::
	ControlClick,TToolBar9718,,基本コマンドツールⅢ,Left,1, x20 y61 ;矩形
	sleep, 500
	ControlSend, TRxCalcEdit4,{Del}25,AR_CAD
	ControlSend, TRxCalcEdit3,{Del}25,AR_CAD
	
	ControlClick,TAdvPanel3,AR_CAD,,Left,1, x220 y11 ;緑丸

	ControlSend, TRxCalcEdit2,{Del}250,AR_CAD
	ControlSend, TRxCalcEdit1,{Del}150{Enter},AR_CAD
;-----------------------
	ControlSend, TRxCalcEdit4,{Del}5,AR_CAD
	ControlSend, TRxCalcEdit3,{Del}5,AR_CAD
	
	ControlClick,TAdvPanel3,AR_CAD,,Left,1, x220 y11 ;緑丸

	ControlSend, TRxCalcEdit2,{Del}50,AR_CAD
	ControlSend, TRxCalcEdit1,{Del}50{Enter},AR_CAD
;-----------------------
	ControlClick,TToolBar9718,,基本コマンドツールⅢ,Left,1, x20 y82 ;円
	sleep, 500  ;必要
	ControlClick,TRxSwitch1,AR_CAD,,Left,1, x7 y17 ;円
	sleep, 200
	
	ControlSend, TRxCalcEdit2,{Del}170,AR_CAD   ;円中心点
	ControlSend, TRxCalcEdit1,{Del}120{Enter},AR_CAD
	
	ControlClick,TPanel12,AR_CAD,,Left,1, x105 y80 ;作図領域Click

;-----------------------

	ControlClick,TToolbar9713,AR_CAD,オブジェクトセレクト,Left,1, x50 y15 ;作図領域Click
	ControlSend, TPanel12,{Esc},AR_CAD

スポンサーリンク

Jwwを動かす 方法1

コマンドをキーに割り当て、それをAutoHotkeyでSendしてます。

send, B と send, b は別物

Bは「shift+b」のこと

80,80をsendするには「,」をエスケープしなければダメ

正規表現のエスケープは¥でしますが、AutoHotkeyは「`」グレイヴ・アクセント`)またはアクサングラーヴというらしいです。

send, 80`,80

 

図形を描く場所の情報取得 コントロールのclass名 サイズ

Autohotkey付属の「Window Spy」を使い調べます。

いるのはclass名

コントロールのclass名より、作図領域の幅・高さを取得する。

ControlGetPos, X, Y, W, H, AfxFrameOrView120s1, A

Jwwの入力欄、チェックボックスの情報を色々取得

矩形「寸法」の中の数値一覧を取得

リストの取得
ControlGet,listData,List,,ComboBox3,無題
MsgBox, %listData%

ControlGet, 戻り値,List,,ComboBox3,左上のタイトル

AutoitのTOOLでControl名とタイトル取得

ComboBox(リスト)の中で選ばれている数値取得

ControlGet,listData,Choice,,ComboBox3,無題  ;comboboxの値取得
MsgBox, %listData%

コマンドChoiceを使います。

ComboBox(寸法)の値をリセットする(無指定選択)

Control,Choose,1,ComboBox3,無題  ;comboboxの値一番目にSet

コメント

タイトルとURLをコピーしました