Ui.Vision:サンプルを読む・コマンド説明

Ui.VisionでChrome自動化

iMacroが現在、機能制限で使いづらくなっています。Chromeの拡張機能で使えそうな「Ui.Vision」を色々試してみます。英語苦手ですが

:_本家の英語サイト

スポンサーリンク

サンプル: DemoCsvSaveを読む

CSVRead-01

store, fast, !replayspeed     内部変数 !replayspeed(再生速度)

再生速度を早く

再生速度を一番早く(遅延なし)
変数!replayspeed=”fast”

MEDIUM:人間に近いスピード
Slow:コマンドの間に「2秒」の遅延を入れる

Open    URLを開く

URLを開く

TargetにURLを入れます。
Value なし

executeScript_Sandbox : JavascriptをSandboxで実行する

Sandboxがよくわからない。安全な場所でJavascriptを実行する?

Javascriptの実行

Target  var d = new Date(); m = d.getFullYear()+”-“+(d.getMonth()+1)+”-“+ d.getDate()+” “+ d.getHours()+”:” + d.getMinutes() + “:” + d.getSeconds(); return m

value : 変数timestampに戻り値mを入れる。

変数名は、適当につけて良いようです、ただし「!」で始まるものは内部変数なのでだめです。
globalもだめです。

store, ${timestamp} , !csvLine (内部変数)  No4

!csvLineに値代入

!csvLine (内部変数) = ${timestamp}

!csvLine : CSVの1行を表し、読み込むたびに配列に1コラム分値を格納
Excelに例えると、Cell(1,1)にあたります。

 

Echo  : Logに表示   No5

Echo 表示

赤矢印クリックすると、コマンドの説明をブラウザで見れます(英語サイト)

LogにEcho表示

変数の展開は「${timestamp}

Echo Logに表示 No6

表示文字: Set i = 1 as we start the extraction with the 2nd table cell.

store   i   1  (変数に値代入)   No7

i = 1

i = 1

while_v2    ループ  endで終わり  No8

while_v2 ループ

i<8 の場合ループ

executeScript,  return Number (${i}) + 1 , i  No9

i = i +1 と同じ

echo  Current value of i = ${i}

現在の「i」を表示

変数の値を表示するには ${}の中に入れます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました