UwscWebDriverでChrome, Edgeを操作

ブラウザの自動化のためにWebDriverを入れます。入れるのを間違えるとスクリプトのコードあっていても動きません。Selenium、Autoit、Pythonなどで動かすとき必要です。

今回はUWSCでwebdriverを動かすスクリプト見つけたので試してみたいと思います。

GitHub – stuncloud/UwscWebDriver: UWSCでWebDriverを使ってブラウザを操作するためのモジュール

スポンサーリンク

Edge driver

まずやることは、Edgeのバージョンを確認します。

(1)Edgeを立ち上げる

Edge設定開く

赤矢印先の「・・・」をクリックして下さい。

(2)setting(設定)を次に開く。

setting 開く

(3)設定メニューの一番下にバージョン情報があります。

Edgeバージョン

version

44.18362.449.0
18.18362

参考サイト:

どのWebdriverが必要なの

18.~はダウンロード先にありませんでした、自分でコマンドをを実行し取得しろと書いてあります。

Microsoft Edge Legacy
Microsoft WebDriver for Microsoft Edge version 18 is a Windows Feature on Demand.
To install run the following in an elevated command prompt:
DISM.exe /Online /Add-Capability /CapabilityName:Microsoft.WebDriver~~~~0.0.1.0
For builds prior to 18, download the approriate driver for your installed version of Microsoft Edge:

Cmd(Dos窓で)

Dos窓

コマンドプロンプトを管理者として実行し

DISM.exe /Online /Add-Capability /CapabilityName:Microsoft.WebDriver~~~~0.0.1.0
上記コマンドを実行して下さい。
それで、Windowsフォルダに入るようです(ここは、よくわかりません。どこに入ったのか)
サンプルのUWSC動かしたら、ちゃんと動きました。

Chromedriver

chromedriverない

本当は入っていますが、パスが必要なようです。
面倒なのでもう一度、ダウンロードします。

Chrome バージョンを確認します

 

Chrome バージョン確認

「help」>「About Google Chrome」とクリックして下さい。
ページが表示されます。

chrome version

80.0.3987.122

どのDriverが必要

バージョンが近いもの選んで下さい。

webdriver近いもの

ページが変わります、Windows10は赤矢印のでいいと思います。

Zipファイル

これで確認できました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました