Autoit逆引き辞典:いろいろな表示方法(アラート他)

Autoit逆引き辞典

Autoit便利なのですが、説明サイトが英語になります。自分の備忘記録で逆辞典を作ってみたいと思います。

Autoit入門記事:

スポンサーリンク

表示関連

MsgBox 表示

MsgBox ( フラッグ, “窓のタイトル”, “メッセージ内容” )
フラッグ=0 : OKボタンのみ(赤枠の中)
赤矢印がタイトル
緑矢印がメッセージ内容
MsgBox シンプル

自動で消えるようにする

MsgBox ( フラッグ, “窓のタイトル”, “メッセージ内容”, 3 ) 3秒後に消す
数値3を追加

配列の内容を表示確認するための関数  _ArrayDisplay()

#include  <Array.au3>
; これがないと_ArrayDisplay関数使えません。
#include <Array.au3>

Local $ar[3][3] = [[1,2,3],[4,5,6],[7,8,9]]
_ArrayDisplay($ar)

配列内容

 

任意の場所にツールチップ  ToolTip()

文字の大きさなどは変えられません。好きなところに座標XYで表示することができます。

; スクリーンの左上にツールチップを作成します。
ToolTip("武漢肺炎", 100, 100)

HotKeySet("{ESC}", "_end")

;Loop -------------------
While 1
    Sleep(100)
WEnd
;--------------------------

Func _end()
    Exit
EndFunc

スクリプトが終了するまで、表示され続けます。

強制的に表示消すのは

ToolTip(“”)  ; 文字列を何も入れなければ、消えます

ツールチップ表示

年寄りには、小さくて見ずらい。

ToolTipにアイコンを表示する

ToolTip文字が小さく、見ずらいので気づくように、色付きのアイコンを表示します。

ToolTip ( “表示する文字” , x座標 , y座標 , “見出し” , iconナンバー )

0 = アイコンなし、 1 = Infoアイコン、 2 = 警告アイコン、 3 = エラーアイコン
infoアイコン 警告アイコン エラー

ToolTip("中国でウィルス発生",200,50,"WHO潰せ",3)
sleep(8000)

windowの見出し(タイトル)がないと表示されません。

カスタマイズできる表示BOX  SplashTextOn ()

SplashTextOn ( “タイトル”, “表示文字列” , 横幅 , 高さ , x座標 , y座標 , オプション , フォント名, フォントサイズ )
SplashTextOn("Title", "武漢熱、中国責任取れ", -1, -1, -1, -1, 4, "", 24)
Sleep(3000)
SplashOff()

表示サンプル

スクリプトを一時的に止める

MsgBox(“”,””,”STOP”)

スクリプト止める

「OK」ボタン押すまで、スクリプト止まります。

Sleep(ミリ秒)

Sleep(1000)  ;1000ミリ秒=1秒 止まっています

コメント

タイトルとURLをコピーしました