Autoit : 配列の使い方(いろいろ試した)

スポンサーリンク

Autoitの詳細はこちらでどうぞ:

 

スポンサーリンク

配列の宣言

Local $ar1[]=[1,5,9]

#include <Array.au3>

Local $ar1[] = [1,5,9]
_ArrayDisplay($ar1)

最初のインクルードは関数「_ArrayDisplay()」を使うために必要です。

配列一覧

Local $ar1 = [1,5,9]

これでも動きました。うしろに[ ]があるので配列として認識してると思います。

配列のデータすべて変えるには (配列の最初期化)

#include <Array.au3>

Local $ar1 = [1,5,9]
$ar1 = [10,50,90]
_ArrayDisplay($ar1)

これだと、データ変わりません。

配列の最初期化

#include <Array.au3>

Local $ar1 = [1,5,9]
Local $ar1 = [10,50,90] ; <===
_ArrayDisplay($ar1)

Local, Global, Dim をつけないとだめなようです。

Local $ar1[]    ;これはエラーになります

Local $ar1[]
$ar1[0] = 100

エラー表示

Variable subscript badly formatted   書き方の形式が間違ってるようです。

動的に配列変わらないようです。

#include <Array.au3>

Local $ar1[3]
$ar1[0] = 100
_ArrayDisplay($ar1)

何か数字入れればOK

配列要素の数

先頭、Local ,Global ,Dim でもいい。その時の状況によって

Global $arr[3]
Local $arr[3]
Dim $arr[3]

 

2次元配列  Local $arr[3][3]

#include <Array.au3>

Local $ar[3][3] = [[1,2,3], _
                  [4,5,6], _
                  [7,8,9]]
_ArrayDisplay($ar)

Autoit 2次元配列

_は、命令文を複数行にするために必要です。

 

配列で使えるユーザー関数

日本語説明サイト: User Defined Functions
_ArrayAdd
_ArrayBinarySearch
_ArrayColDelete
_ArrayColInsert
_ArrayCombinations
_ArrayConcatenate
_ArrayDelete
_ArrayDisplay
_ArrayExtract
_ArrayFindAll
_ArrayInsert
_ArrayMax
_ArrayMaxIndex
_ArrayMin
_ArrayMinIndex
_ArrayPermute
_ArrayPop
_ArrayPush
_ArrayReverse
_ArraySearch
_ArrayShuffle
_ArraySort
_ArraySwap
_ArrayToClip
_ArrayToString
_ArrayTranspose
_ArrayTrim
_ArrayUnique
_Array1DToHistogram

コメント

タイトルとURLをコピーしました