FreeCAD: Sketchで寸法・角度・位置など拘束の使い方

広告

3Dソフトでは、拘束という機能がよく使われています。長さの拘束・位置の拘束・角度の拘束など。他の3Dを使うときにも覚えるの楽になりますので理解してください。

本家FreeCADのダウンロード先:

他のFreeCAD記事:

広告

拘束のサンプル動画

チャンネル登録お願いします。励みになります。
コメントで質問も受け付けています。

FreeCAD 簡単アングル
広告

2点を1つにする「一致拘束」(選択した2点を1つに)

一致拘束アイコンは 一致拘束

(1)ポリライン作成で、適当に四角描きます。

(2)四角、不完全でいいです。

(3)交わっていない角を選択します。

マウスで左クリックしたままドラッグ。2点を選択すると緑色に変わります。

(4)一点拘束を選びます

◎ 最初に選択した点に、結合します。

広告

基準線(グリッド水平線 赤い線)に垂直になるようにする 

「選択されてるアイテムに対して垂直拘束を作成」 垂直拘束

上のアイコンをクリックし、赤い線に対して垂直にしたい線を選択すればOK
先に線を選択してから、アイコンクリックでもいいです。

2つの線を垂直拘束:角を90度にする

(1)2線を選択します、2つ目はCTRLキーを押しながら選びます。

(2)垂直拘束をクリックします。

角が90度になります。

平行拘束:2つの線を平行にします。

(1)平行にしたい2線を選びます。

(2)平行拘束をクリック (斜めのやつです)、もう一つのは長さを等しくです。

等値拘束 (半径・直径を同じに)

複数の円を描き、その大きさを同じにします。

円

等値拘束アイコンをクリックします。
これで4つの円が連動します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました