Autoit : 面倒は自動化! 小さなTool いろいろ

Autoitは、あなたのアイディア次第で無限の可能性があると思います。
なにか思いついたら、追加してゆきます。

「こんなのほしい」「こんな事できる」というコメントも募集してます。
保証はしませんが

本当に、小さなものは「AutoHotkey」の方がいいかも
ショートカットキーの登録など、絶対早くできる

Autoitの入門記事:

Autoit+SeleniumBasicでChromeを操作(動かないときは)
IEをSeleniumから、操作は意外と簡単に設定できますが、ChromeはVersionが変わるたびに結構問題が発生します。動いていたものが動かなくなります。 バージョン: 84.0.4147.105で動かない問題発生 Ver 81.0.4044.129では問題なく動いていました。 ChromeDriverのページ、英語ですが解決...
Autoit でWindowsを自動操作(UWSC同等以上)
Autoit入門、初心者向けの説明サイト、 エディタは何が優れているのか、UWSCとの違い

AutoHotkeyの記事:

AutoHotKey入門 : インストールと最初のトラブル
AutoHotKeyとは:PCで同じようなことをしてるとき、それをスクリプトにしワンキーまたは2キーで実行するようにできるソフトです。アイディアさえあれば、非常に楽になりますよ。 シュートカットキーが嫌いなら、GUI(Window)での操作もあなた次第 *ショートカットキーを便利にしてくれます。繰り返しの複雑なことも割り当て可能です。 ...
スポンサーリンク

暗記ソフト:Anki音声再生用Rキーを押す

Anki は英単語などを記憶するのに便利なソフトです。

音声もカードに登録することができます。一度だけ再生されますが、もう一度聞きたいときはキーボードで「r」を押すようになっています。マウスでやりたいのでAutoitのGUIボタンクリックすると、「r」がAnkiに送られるようにしました。

;//GUi関係の定数を使うとき必要
#include <GUIConstantsEx.au3>
#include <WindowsConstants.au3>

Local $hGUI = GUICreate("Window Test", 80, 80,-1,$WS_EX_TOOLWINDOW)
Opt("GUICoordMode", 2)
$Rbtn = GUICtrlCreateButton("R", 7, 8, 70,70)

GUISetState() ;GUI表示


Local $iMsg = 0
While 1
    $iMsg = GUIGetMsg()
    Select
        Case $iMsg = $GUI_EVENT_CLOSE
            ExitLoop
        Case $iMsg = $Rbtn
            _rSendkey()
    EndSelect
WEnd

GUIDelete($hGUI) ;いろいろなものを開放するために必要

;===========================
Func _rSendkey()
    WinActivate("[CLASS:Qt5QWindowIcon]", "")
    ;sleep(50)
    Send("r",1)
    ;Send("R up",1)
EndFunc

 

クリップボード操作するTOOL

クリップボード中身の文字数カウントする

Local $str = ClipGet ( ) ;// クリップボード取得
$str = StringStripWS ( $str, 8 )  ;// 空白を取り除く
Local $len = StringLen($str) ;// 文字数数える
MsgBox("", "", $len)

半角・全角、同じ1文字です(空白もカウントします)

追加:空白を取り除くことにしました。

$str = StringStripWS ( $str, 8 ) ;// 8はすべての空白を取り除きます。

この画像の文字がクリップボードに入っています。数えると

AutoHotkeyでも作ってみました:

AutoHotkey : 文字数カウントとKinzaエラー修正
http://take-web.com/cad/2020/04/autohotkey-2/#toc1

クリップボードの中身を「大文字」に

コピーした文字を大文字にします。

Local $str = ClipGet() ;クリップボード取得
Local $upper = StringUpper($str) ;大文字にする
MsgBox("","",$upper)

2つのウィンドウ(エディタ)を横に並べる

WinMove("[CLASS:Notepad++]","",965, 5,950, 1040)

WinMove("[CLASS:Chrome_WidgetWin_1]", "", 10, 5, 950, 1040)

 

マウスの座標を取得する

; ----------------------------------------------
;   XY座標 取得
; ----------------------------------------------
HotKeySet ( "{ESC}" , "_Exit" ) ;終了
HotKeySet ( "s" , "_pos" )  ;X座標 取得

while 1
    Sleep(300)
WEnd

;------------------------------------------------------------------
Func _pos()
    Local $mpos, $mpos_y, $msg
    $mpos = MouseGetPos(0)
    $mpos_y = MouseGetPos(1)
    $msg = "X座標= " & $mpos & @CRLF & _
           "Y座標= " & $mpos_y
    $k = SplashTextOn("マウス座標",$msg,200,80,$mpos,$mpos_y + 80,4,"",18)
EndFunc

;------------------------------------------------------------------
Func _Exit()
    MsgBox("","","終了",2)
    Exit
EndFunc

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました