「TagUI 4.0」(RPA)使い方わからないので、いろいろ実験

AIシンガポール(シンガポール政府が資金を提供)が開発しているRAP
CLI(コマンド)でPCの自動化ができるようです。

参考サイト:

TagUiには、「Sikuli」入っていないので自分でインストールします。(下記参照)

 

スポンサーリンク

最初にすること

これをクリックし、必要ファイルをダウンロードします。

スクロールすると、メニューが出てきます。ここでチュートリアルなどが見れます。

2番目の「Set Up」をクリックします。

青矢印のファイルをダウンロードします。(展開する推奨フォルダ c:\)

解凍する

こんな感じのフォルダになります。

コマンドライン使い方

tagui flow_filename option(s) for Windows

tagui(バッチファイル) Flowファイル名 オプション

tagui.cmd   は 昔の「bat」ファイルです。

はじめて動かすときに、「~.dll」がないエラー

Download Visual C++ Redistributable for Visual Studio 2012 Update 4 from Official Microsoft Download Center

真ん中の「x86」をインストールするとエラー消えます。

 

「コマンドプロンプト」の文字化け

コマンドプロンプトの文字コード確認方法

chcp

932 = Shift-JIS

文字コード変更方法(Shift-JIS => UTF-8)

chcp 65001

UTF-8 にしたら文字化け治りました。

表示用のフォント日本語にして下さい。

 Windowsコマンドプロンプト 文字コード設定

 

Powershel ISEの文字化け

chcp 65001 ではなおりませんでした。

いろいろ調べたけどよくわかりません。

[Console]::OutputEncoding = [Text.UTF8Encoding]::UTF8

これを入れたら、動くようになりました。このコードの意味よくわかりません。ただし最初に

chcp 65001

このコマンド1番に実行しておいてください。

参考サイト:

 Set the default en coding to UTF-8 in powershell. As seen in http://blogs.msdn.com/b/powershell/archive/2006/12/11/outputencoding-to-the-rescue.aspx · GitHub

サンプル:URLを開くのみの「FLOW」

http://take-web.com/cad/

名前を「sample_1」で保存します。

コマンドプロンプトで

tagui samples/test/sample_1

「samples/test/sample_1」は「tagui」があるフォルダからの位置です。

tagui E:\Down\auto-pc\TagUI_Windows\tagui\src\samples\sample_1

これだと動きません。

 

上のスクリプトを実行すると:

flowファイル以外に3つのファイルが新たに作られます。

予想では「sample_1.js」がいちばん大事なファイルでしょう。

このコマンドだと、何しているか見えないので「chrom」オプションをつけると何をしているのか、わかるようになります。

tagui samples/test/sample_1 chrome

 

文の最初 // コメント   途中はエラー

//でも、文の途中にあったらコメントではないようです。

これはコメント:

https://ca.yahoo.com 
//カナダYahooを開く

これはコメントでない:

https://ca.yahoo.com  //カナダYahooを開く

これは、エラーになります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました