LibreCAD : インストール、日本語表示、初歩の使い方

LibreCAD

LibreCADは、オープンソースの無料CADです。
大きなDWG(AutoCAD)で書かれたものは重くて使いづらいです。
無料でAutoCADのデータが快適に開けるようなものはないみたいです。

(CADのソースコードに興味がある人には、最適です。)

ダウン先: Home of LibreCAD, 2D-CAD

これは入門記事です.
詳細はこちらで:

 

スポンサーリンク

簡単な動画(削除など)

_OSによって、ダウンロードするファイル違います。

◎ Mac、Windows、Linux どのプラットフォームでも動きます。

snap_160914_161808

矢印がWindows用です。
クリックすると、ダウンロードのページに移ります。

赤矢印のところをクリックすると、最新版を得ることできます。
インストールし、立ち上げると言語設定があり日本語表示にできます(まだ、一部のみ)
最初に、立ち上げたときのみ表示されます。一度立ち上げたら、表示されません

2度目から、使用言語変更したいときは、メニューバーの「Options」を使います。

 

「Options」>「アプリケーションの設定」外観で日本語表示にすることができます。(多くの言語がありますので外国語の勉強に設定するのもいいかも。)

 

 

直線を引く(任意の適当な線)

ツールバーのアイコンをクリック(画像のように)

クリックするアイコン

(1)任意のところで、「左クリック
(2)線を伸ばし好きなところでまた「左クリック
(3)終了は、「右クリック」です。

直線描き方

スペースキーで相対座標@を入力

400x300の長方形を描く

snap_160917_160722

+ :赤の+は原点を表します。
◎ 赤○の中に+ : 相対座標で指定した場合の原点です。
snap_160917_161758

相対座標の入力方法は:

(1)スペースバーを押します。
snap_160917_162009

(2)「カーソル」が、水色矢印の先のBOXの中に入ります。

snap_160917_162419

(3)@400,300と入れます。
@が相対座標からの意味です。[@~,~]数値と数値の間は「カンマ」です。


数値入力の場所は、下にすることもできます。

もし、コマンドライン(数値入力欄)が無い時は、画像のようにクリックしてください。

「Widgets」>「Doc Widgets」>「Cmd」

 

スナップする点(選択できる点)を制限する

終点(端点)   端点のみ選択できます。

終点

これだけの選択だと、終点以外のところに描けません。

端点選択のみ

要素の上 線の上のみ選択できる

線の上のみ選択

寸法の文字を大きくする

snap_160918_062448
◎ 文字が小さいので大きくします。

(1)「ポインターを選択」アイコンをクリックします。

snap_160918_082544

(2)数値を試しに、クリックします。下のGIF画像のように数値以外も一緒に選択されたら、分解する必要があります。

check_p

(3)上の方法で、数値を含め選択します。

snap_160918_093641
色が変わればOKです。

(4)「Tools」>「変更・修正」>「ポリラインを分解」とクリックします。

snap_160918_092445

(5)「Tools」>「変更・修正」>「プロパティ」を選びます。

snap_160918_095902

(6)カーソルの形が変わったら、数値をクリックするとプロパティ設定の窓が出てきます。

snap_160918_100352

snap_160918_100406

矢印先の数値を変えると、大きくなります。

 

snap_160918_100428

コメント

タイトルとURLをコピーしました