ExcelVBA : ActiveCell.Rowにシート名つけてはダメ

Form上で右クリック、「コード表示」を選択し書きたいコードをかきます。
「標準モジュール」に書いてもダメ

スポンサーリンク
Last-chance-1

フォーム関連のマクロどこに書く

Form上で右クリック、「コード表示」を選択し書きたいコードをかく

または、プロジェクト・エクスプローラ上で右クリックしメニューを出します。

シート名.ActiveCell.Row これはエラーに

num = Worksheets(“出品データ”).ActiveCell.Row

Worksheets(“~”)がいらないようです。

VBAでセルの書式設定

データをセルに入れてから、WrapText  ShrinkToFit を設定します。

データ入力規則 30文字まで

次の値より小さい => その値を含まない
次の値以下 => その値を含む

sheet名を変数(数値)で指定したい

sheet名の1を変数で表したい。

num=1
~~=num&”!”&”c4:c20″

これはエラーになりました。

Format(数値)でうまくいきました。

cells() 列・行どっちが先か、いつも迷う

行が先です。

型が違う

ListBox.ReSourseをRangeではなくCellsでやりたい

実行時エラー ’13’:

型が一致しません。

これもだめ

実行時エラー ‘380’:

RowSource プロパティを設定できません。 プロパティの値が無効です。


型を調べる:

RowSourceの右辺は「String型」==d: addressをつけないとダメなようです。

これで、無事に表示されるようになりました。

VBA: フォーム部品の整列は、メニュータブの「書式」で

右ボタンからのメニューだと、一部しか表示されません。

上下の間隔を調整するメニューがありません。

「書式」を選択すると、「上下の間隔」がメニュー表示されます。細かく部品を並べたい時は右ボタンではなく、書式からするのがいいようです。

エラー:Notice: Undefined variable: ~ in~~

$htmlを初期設定しないで、使うとこんなエラーになります。

変数を使う時、明示的に初期設定しましょう。

スポンサーリンク
Last-chance-1
Last-chance-1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする