クリップボード拡張ソフト「Clibor」が便利・Tips

クリップボードの履歴を保存、また、自分の好きな文章を登録することができます。

> Cliborの詳細情報 : Vector ソフトを探す!

スポンサーリンク
Last-chance-1

「クリップボードが開けませんでした」とエラーが出た

「Clibor」を常駐させクリップボードの履歴を活用したり、定型文を素早くコピーするのに使っていますが、たまにこんなエラーが出ます。AutoHotKeyでクリップボードを使いに行った時に出るようです。

err

◯ どうも別のソフトが、クリップボードを使いそのソフトとの相性でエラーが出るようです。

◯ 取り扱いHPに書いてあるように、タスクトレイのアイコンを右クリックし設定を変更します。

Snap_2013-2-11_15-41-7

Snap_2013-1-30_7-26-55

◯ 赤矢印の所で、時間を遅らす設定にすると良いようです。
別のソフトが使い終わるのを待っているのでは?
数値は最初少なめで様子を見ながら増やすようです。

Cliborを常に全面に表示

(1)タスクバー上のアイコンで右クリックします。

(2)メニューを表示し、「常に表示する(A)」にチェック入れればOKです。

ツールチップ(内容表示)がジャマ

マウスで選択(マウスホーバー)した時に出てくるチップスがジャマ

(1)完全に非表示:

前の記事と同じく「設定」を開きます。
設定画面の「ツールチップ(W)」タブを表示

グリーンの矢印の部分にチェック入っれば、表示されません。

(2)表示を小さくする

赤矢印先の数値を小さくすれば、表示が小さくなります。

履歴と定型文切り替えは、クリックでする

マウスをタブのところに持ってゆくだけで表示が変わってしまいます。

使いづらいです、クリックしないと変化しないように設定を変えます。

設定画面の「表示」を開きます

赤矢印のところに、チェックを入れればクリックしないと変わりません。

スポンサーリンク
Last-chance-1
Last-chance-1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする