LibreOfficeでマクロを使えるようにする。動かない!(設定)

snap_160912_043830

スポンサーリンク
Last-chance-1

マクロ(Basic)を使う前にやること

マクロが使えるかどうかを調べます。

◎ 上の画像のように「ツール」>「マクロ」>「マクロの管理」>「LibreOffice Basic」とクリック(選択)してゆきます。

snap_160912_092124

◎ 「新規作成」

snap_160912_103607

◎ 何も変えないで「OK」をクリック

snap_160912_104529

◎ 赤矢印のところに、「MsgBox “マクロ勉強!!”」と入れます。

snap_160912_104938

◎ 入力したら、「ツール」>「マクロ」>「マクロ実行」とクリックします。

snap_160912_105322

JREが必要ですという警告が出てきたら、「Java Runtime Environment」をインストールする必要があります。

>>JREとは、Java言語で開発されたソフトウェアを実行するために必要なもの

JREをインストールします。

snap_160912_110416

◎ 赤いボタンをクリックし、PCの好きなフォルダにダウンロードします。

snap_160912_111028

◎ ダウンしたものをダブルクリックし、起動します。snap_160912_111327

◎ 「インストール」をクリックすると本体のダウンロードが始まります。ネット環境により時間が必要かも。

snap_160912_111820

◎ 表示される指示を読んで、適当にクリックすれば終了します。

snap_160912_111928

エラー:JREは正しくありません。

◎ 一度、LibreOfficeを閉じ、再起動します。

snap_160912_113300

何で動かない。Google先生に尋ね、いろいろやってみました。どうも、 JREには種類があるようです。

私がインストールしたLibreOfficeは、64bit版

snap_160912_135319

ダウン先: オフィス統合環境 – 窓の杜ライブラリ

64bit版のLibreOfficeに合う「JRE」は同じく64bit用でない見たいです。
前に入れたものを削除し、64ビットを入れなおしました。

snap_160912_140040

これでマクロ無事に動きました。 疲れた!

snap_160912_141711

サンプルマクロ:MsgBox “~~”

サンプルマクロ:Print “~”

文字列または数値表式をダイアログまたはファイルに出力します。

スポンサーリンク
Last-chance-1
Last-chance-1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする