AutoHotkey :sendを少し早くする,DllCallの使いかた

AutoHotkey Dll使う

AutoHotkeyには、構造体がありませんが工夫するとできるようです。

Send, keys を早くする

;-----------------------------------------------
;区切り
;-----------------------------------------------
#-::
    Send, -------------------------------------
    Send, {Enter}
Return
#=::
  Clipboard = --------------------------------------
  send, ^v
Return

send, aaaaaaaaaaaa のようにすると少し時間かかります。
クリップボードを使うと、早いです。
初心者なので見た目で判断してます。

初期値は10 : キーを送るたびに10msの休止が送られるようです。

DllCall、の使い方で読むべき記事

こちらの記事を読んで、だいぶ理解が深まりました。
ぜひ読んで下さい。
ポインタが出てくるところから、難しい。

LONG型整数は32ビット(=4バイトX8)

VarSetCapacity(point, 8, 0x00) ;変数名、確保するバイト数、内容を0で消去

コメント

タイトルとURLをコピーしました